新生銀行カードローン レイクから90万円借りる

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み


90万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


すぐ借りるQ&A

円安では円の価値が下がってもメリットは大きい
円安とは、単純にいえば円の価値が安くなるということです。 例えば1ドルを100円で交換できていたとして、それが円安になると、1ドルが120円必要になる状態になります。 1ドルという同じ価値のものをより多くの円を使わなくては交換できなくなったため、円の価値がやすくなり、ドルの価値が高くなったということでもあるのです。 この例の場合はドルがその分高くなったので、円安ドル高といわれる状態になります。 これはその前の期間と比較することでいわれる現象となり、特に一日単位の遣り取りをする円相場の場合はよく耳にするでしょう。 前の期間より安くなっている場合、例えば一日単位で見ていき、全体的に円が下がっていっている流れならばこのように言うこともあります。 また、根拠はあまりありませんが、全体的に皮膚感覚でモノを言う人の場合、なんとなくそういった傾向がある、という言葉で言うこともあります。 とはいえ、これは悪いことばかりではありません。 日本の場合メリットとして大きいのは輸出産業でしょう。 特に日本の工業製品や車製品は海外で非常に高く評価されているのですが、その分高額でなかなか手に入るものではありません。 ところが円が安くなることによって相手国の通貨の価値が相対的に高くなり、輸出した工業製品が安くなるのです。 このため、相手国の通貨で購入する商品はまるで値下がり下かのように感じられ手に入れやすくなり、日本としても商品の売上が上がるというメリットがあります。 とはいえ、輸入や旅行などに行く人、海外でお金を使う人にとっては出費が増えるので悪い側面もあるでしょう。