ジャパンネット銀行から90万円借りる

ジャパンネット銀行カードローン


実質年率 2.5%〜18.0% 限度額 1000
万円
保証人 不要 最短
即日融資

ジャパンネット銀行お申込み・ご契約方法

ネットバンクにログイン後、契約申込み ※1

※1 普通預金口座をお持ちの方


ネットからネットキャッシング+普通預金口座開設の同時申込み ※2

※2 普通預金口座をお持ちでない方

90万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


すぐ借りるQ&A

未成年がお金を借りるにはどのように考える必要があるかについて
銀行などからお金を借りることはきちんと返済する義務があるために、自分のお金であるという誤った認識ではなくなるべく早くに返すことを考える必要があります。 未成年がお金を借りるには自分自身に責任感を持って利用することが必要であり、自分自身の今後の収入の状況を考えながら責任感を持って利用することが大事です。 未成年の場合には審査の時に親権者の同意書などが必要ですが、自分自身で勝手に記入せずに親に事情や目的をきちんと説明してから許可を得た上で書いてもらう必要があります。 お金を借りることは自己責任でお金を管理する必要があり、必要以上に借りないことや定められた方法で返済を行う必要があります。 未成年者の場合には滞納などがあれば親権者に連絡することになるために、親に迷惑をかけないように自己責任で利用することが大事です。 お金を借りるには目的などをきちんとしてから利用する必要があり、親に反対されることを恐れて内緒にすることや同意書を許可なしに勝手に記入することはやってはいけない行為です。 お金を借りるには年齢は関係なく社会的責任を持って利用する必要があり、きちんとした目的を持って利用する必要があります。 ただ単にお金が欲しいことや自己満足としてお金を借りると責任感が欠如し支払いを怠る可能性もあるために、支払わなかった場合のリスクを考えることが大事です。 そのようなことを考えても、未成年のうちはお金は借りずに、急遽お金が必要になった場合は日払い等のバイトをするようにしましょう。